医療ジャーナル│マッサージや柔道整復師の資格でプロを目指す

勉強道具

ほねつぎの試験対策

整体

柔道整復師・ほねつぎの道としては、専門学校などに進んで国家資格を取得することで接骨院などを開業することができるようになります。主に挫傷、捻挫、骨折などの靭帯や骨の怪我を、外科手術を用いずに、固定などする方法で自然治癒力を利用して治療するものです。実際に、スポーツの試合や肉体労働の仕事などで捻挫をしたなど、骨折や腰痛などで整体や接骨院に来た患者を診る仕事です。その柔道整復師の資格を取得するには大学や専門学校にて多くの科目を取得し学ぶ必要があります。そのため、しっかりとしたカリキュラムを設定してくれる専門学校や、専門の大学などを選ぶといいでしょう。臨床学、衛生学、ほかにも多数の科目があり多くの内容を試験までに習得しなければならないという、インテリジェンスな能力が求められるのが最大の難関です。学ぶことが多く、試験対策が難しいほどの広範囲に渡ることから、卒業生の柔道整復師の資格取得にしっかりとした実績のある学校を選択することが安定性のある進路となります。このことから柔道整復師としての就職率、資格取得率の高い学校を見定め、自身の進路を見据える事が大切です。

資格取得後は主に接骨院での助手や、接骨院開業、柔道整復師としてアスリート腺腫のサポートやスポーツジム、スポーツの現場など活躍の場があります。手に資格を持っておきたいという方において国家資格を有する柔道整復師は安定した就職先のある進路といえるのではないでしょうか。柔道整復師においては多くの専門学校が各地にありますのでお近くの学校を調べてみるのも良いかもしれません。