医療ジャーナル│マッサージや柔道整復師の資格でプロを目指す

勉強道具

誰かの心の支えになる仕事

看護師

看護師になるためには看護学校などで看護について学び、国家資格を取得することが必要になります。病院に勤めれば人の死に直面する自体も多くあるでしょう。悲しいお別れもたくさんある職場です。ですが、病院において、また病人やその家族においてはそんな看護師さんは無くてはならない支えです。親身に相談に乗ってくれる、家族の不安に寄り添いながら患者の世話を行なってくれる看護師さんの笑顔があるからこそ、安心して病気を癒し、療養させることができるのです。看護師さんの仕事は、病院で患者さんの心と体のケアを行い、医師のサポートを行うだけでなく、時には出産に付きそう助産師さんのサポートや、保健指導を行なうなど様々です。

看護師の中には、被災地や世界の何処かで医療活動を手伝う看護師さんもいることでしょう。看護学校での卒業後、その進路は多岐に渡ります。看護の学校では必修科目や看護の授業以外にも研修や実習などを行い現場の空気を体感できる授業もあります。また、医療センター付属の学校では就職先として医療センターでも経験を積むことが出来ます。看護学校では社会人入試などもあり、すでにどこかで働いていたが看護学校で学びたいという方も入試を受けに来ることも可能です。学校によっては寄宿舎を用意しており遠方からも入学可能なところもあります。人に必要とされる看護、医療の現場。今はもう社会人でも、これから進路を考えている学生でも、あこがれの看護師さんになれるチャンスがあります。一度ご検討してみてはどうでしょうか。