医療ジャーナル│マッサージや柔道整復師の資格でプロを目指す

勉強道具

リハビリのサポーター

マッサージ

理学療法士になるためには、国家試験があり、専門学校などに通ってその免許を取ります。この資格を取ることで、医師の指示を受けて運動や治療体操、電気刺激や温熱、マッサージなどの手段を利用した物理療法(理学療法)を行なうことが出来る理学療法士となります。現場では、運動機能の回復を目的とした治療を行なうことが理学療法士としてのお仕事になります。そして、怪我や事故、病気など、日常生活を送る運動に支障をきたした方々に対し、基本的な動作能力を回復させるリハビリテーションをサポートします。また、松葉杖や車椅子などの使用に関する助言を行なうこともあります。そのように、交通事故やスポーツの試合中の事故などで足を傷めたりした時にリハビリやサポートを教えてくれるのが理学療法士さんです。中には昔、学校などでスポーツの試合中に怪我をした際、病院でお世話になったという方も多くいるのではないでしょうか。理学療法士は専門学校に通うことで特化したカリキュラムで学ぶことが出来ます。これらのカリキュラムでは試験対策も行なわれています。

幅広い科目内容でも、過去の実績などから必要な情報をピックアップして学ぶことで試験の合格者数が高くなるわけです。専門とした学校ならではの実習などを行なっているところもあるので、より現場に近い環境を用意する学校も人気です。学校を選ぶ際には、自分がメインで学びたいことを選び、目的の資格取得を目指すようにしていきましょう。